FC2ブログ
アングラサイエンス系ニュース、記事、論文の紹介

Mad_Press

本ブログはアングラサイエンスをテーマに、日本のマスコミではなかなか報じられない薬物関連を主とした最新の研究成果やニュース、その他geekな記事等を紹介しています。これは飽くまで読者の知的好奇心の充足や、公共の利益となる知識の共有を意図してのことであり、 断じて薬物製造、乱用を含む如何なる犯罪もこれを奨励するものではありません
本ブログから得られた知識により読者が如何なる被害を被ろうとも、当方は一切の責任を負いません。
マウスのΔ9-THC誘因性認知障害はGABA-A拮抗薬のbicucullineにより解消される | main | カモミールとトケイソウの催眠作用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
セージ(Salvia officinalis L.)の精油の毒性と抗酸化作用
"Evaluation of toxic/protective effects of the essential oil of Salvia officinalis on freshly isolated rat hepatocytes"
Toxicology in Vitro 18 (2004) 457–465

「ラットの新鮮分離肝細胞に対するセージの精油の毒性と保護作用の評価」

2004年の論文。
抗酸化作用があると言われるセージ(ヤクヨウサルビア/Salvia officinalis L.)の精油の成分分析と、肝細胞に対する毒性/抗酸化作用の評価を行っています。精油の成分分析は、セージから直接、水蒸気蒸留によって分離した精油の他、セージ茶からペンタンを用いて分離した精油に対しても行っています。
結果は次の通り。

成分:
化合物名 精油中含有率(乾燥セージ1g中含有量)セージ茶1ml中含有量
cis(α)-thujone 17.4%(2491.4μg/g) 1.678μg/ml
α-humulene 13.3%(1305.7μg/g) 0.022μg/ml
1,80cineole 12.7%(1703.9μg/g) 0.884μg/ml
E-caryophyllene 8.5%(836.9μg/g) 0.014μg/ml
borneol 8.3%(1109.5μg/g) 0.697μg/ml
Viridiflorol 6.2%(834.0μg/g) 0.019μg/ml
α-pinene 4.1%(399.1μg/g) 0.005μg/ml
β-pinene 4.5%(437.0μg/g) 0.007μg/ml
trans(β)-thojone3.9%(518.5μg/g) 0.268μg/ml
camphor 3.3%(445.4μg/g) 0.517μg/ml
etc..

毒性:
ラット肝細胞の懸濁液(1mlあたり1*10^6個)に精油(濃度2nl/ml,20nl/ml,200nl/ml,2000nl/ml)を混入させ30分後の細胞の状態を評価(濃度は懸濁液1mlあたりの精油の量)

濃度≦200nl/ml →損傷確認できず
濃度 2000nl/ml →損傷確認(LDH漏出、GSH減少)

抗酸化作用:
ラット肝細胞の懸濁液(1mlあたり1*10^6個)に精油(濃度2nl/ml,20nl/ml,200nl/ml,2000nl/ml)と酸化剤(t-BHP 0.75mM)を混入させ30分後の細胞の状態を評価(濃度は懸濁液1mlあたりの精油の量)
(濃度は懸濁液1mlあたりの精油の量)

濃度≦2000nl/ml(2,20,200,2000) →抗酸化作用は確認できず

結論:
・セージの肝臓保護作用は精油によるものではなさそうである。
・(濃度)200nl/ml以上の精油を摂取した場合、肝臓に直接作用して毒性をもたらす可能性がある
・セージの精油には肝毒性があり、また、主成分であるthujoneやcamphorには神経毒があるため、セージ製品の大量摂取が懸念される。


以下、要旨の拙訳です。

要旨
空気乾燥させたセージ(Salvia officinalis L.)の地上部から、水蒸気蒸留によって精油を分離し、ガスクロマトグラフとガスクロマトグラフ質量分析により分析を行った。乾燥した状態での質量1gあたり、総収量12.07gの精油が得られ、50以上の化合物が同定された。主な化合物はcis-thujone (17.4%), a-humulene (13.3%), 1,8-cineole (12.7%),E-caryophyllene (8.5%) ,borneol (8.3%)であった。また、セージ茶からペンタン分配により精油画分を分離し、各化合物を同定した。セージの精油の毒性と抗酸化保護作用を、取り出したばかりの肝細胞に対して評価した。細胞生存率、脂質過酸化、グルタチオンの状態を、30分間、精油のみに曝した細胞(1mlあたり1*10^6個の細胞懸濁液。t-BHPをポジティブコントロールとして精油の毒性を評価)と、精油と酸化剤(t-BHP)に曝した細胞(quercetinをポジティブコントロールとして精油の保護作用を評価)に対して測定した。その結果、精油は200nl/ml以下の濃度では毒性はなく、2000nl/mlにおいてのみ、細胞の損傷を示す有意なLDHの漏出とGSHの減少が見られた。精油は試験を行った範囲の濃度では、t-BHPによる毒性に対する保護作用を示さなかった。
スポンサーサイト
| 薬草 | 19:29 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする










管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://madpress.blog39.fc2.com/tb.php/8-e8197b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

worldofnothing

Author:worldofnothing
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
理系ニュースブログ
理系ニュースサイト
植物成分・化学物質データベース
論文データベース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。