FC2ブログ
アングラサイエンス系ニュース、記事、論文の紹介

Mad_Press

本ブログはアングラサイエンスをテーマに、日本のマスコミではなかなか報じられない薬物関連を主とした最新の研究成果やニュース、その他geekな記事等を紹介しています。これは飽くまで読者の知的好奇心の充足や、公共の利益となる知識の共有を意図してのことであり、 断じて薬物製造、乱用を含む如何なる犯罪もこれを奨励するものではありません
本ブログから得られた知識により読者が如何なる被害を被ろうとも、当方は一切の責任を負いません。
メールの盗み見を確かめる方法 | main | 英の新国民監視システム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
鳥えさ用大麻種子に関する国会答弁
昭和48年の衆議院外務委員会において行われた、鳥えさ用の大麻種子に関する答弁


衆議院外務委員会
昭和48年07月20日

堂森芳夫 理事
(略)そこで、大麻の事犯がふえつつあるときに、先般の新聞報道で、小鳥のえさとして市販されておる大麻の種子に発芽能力があることが九州大学の薬学部の西岡教授の実験でわかったのだ、こう報告しておる。そうしますと、小鳥のえさが芽をふくわけで、幾らでも自家栽培でできるわけですね。そうすると、幾らこれで取り締まろうとしても、小烏のえさとして売り出されておる種が芽を出して、大麻がどんどんできていくということになるのではないかと思うのです。厚生省はこのことに対してどのような対策を立てておられるのでありますか、あるいは将来法律等をもって取り締まろうとされるのでありますか、お尋ねしたい。

松下廉蔵 厚生省薬務局長 
(略)小鳥のえさになります大麻の種そのものは、御案内のように大麻の有害成分は含んでおりませんので、大麻取締法による規制の対象ではございませんけれども、この種子が大麻に成長するというようなことになりますと、これは好ましくないということで、輸入貿易管理令によりましてこれを規制をいたしておりまして、輸入いたします際に、発芽不能の処理と熱処理をしないと通関させないという処置をとっておるわけでございます。
いま御指摘のように、最近輸入いたしました大麻種子の中で、発芽するものがあったということが報道されております。こういうことになりますと、野生大麻とともに、あるいはそれ以上に大麻乱用を助長するというおそれがございますので、当分の間抜き取り試験を行ないまして、発芽不能であることが明らかになったものだけを通関を認めるというようなことにいたしますとともに(略)


Source:
国会会議録検索システム
スポンサーサイト
| ドラッグ | 01:53 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする










管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://madpress.blog39.fc2.com/tb.php/35-74cb7d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

worldofnothing

Author:worldofnothing
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
理系ニュースブログ
理系ニュースサイト
植物成分・化学物質データベース
論文データベース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。