アングラサイエンス系ニュース、記事、論文の紹介

Mad_Press

本ブログはアングラサイエンスをテーマに、日本のマスコミではなかなか報じられない薬物関連を主とした最新の研究成果やニュース、その他geekな記事等を紹介しています。これは飽くまで読者の知的好奇心の充足や、公共の利益となる知識の共有を意図してのことであり、 断じて薬物製造、乱用を含む如何なる犯罪もこれを奨励するものではありません
本ブログから得られた知識により読者が如何なる被害を被ろうとも、当方は一切の責任を負いません。
2つの口を持つ魚が見つかる | main | ドラッグの化学
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
オリエンタルポピーに含まれる麻薬=テバイン
______________________________________ 警告_______________________________________

本記事は飽くまで読者の知的好奇心を充足させることを意図したものであり、違法薬物の製造、乱用を奨励するものではありません。

オリエンタルポピーの乳液や抽出したテバインを摂取した場合、致死的な健康被害を被る可能性があります。

植物から麻薬であるテバインを抽出することは、麻薬及び向精神薬取締法の第20条(製造の禁止)及び第28条(所持の禁止)に抵触すると思われます。製造に関しては1年以上10年以下の懲役、所持に関しては7年以下の懲役に処される可能性があります。
___________________________________________________________________________________


テバイン(thebaine)という物質をご存知だろうか?
テバインはいわゆるケシに含まれるモルフィンアルカロドの一つでモルヒネに類似した構造を持つ。この物質自体はモルヒネ様の作用はもたず、毒薬で有名なストリキニーネに類似した興奮、痙攣などの作用をもつ。摂取して気持ちよいものではないようだが、このテバインからは比較的容易にモルヒネ様の薬理活性をもつ物質を合成できる。おそらくこのために、テバインは麻薬及び向精神薬取締法により麻薬に指定されている。
テバインを多く含む植物にはケシ科ケシ属のケシ(Papaver somniferum)とハカマオニゲシ(Papaver bracteatum)があるが、前者はご存知のようにあへん法により「ケシ」として栽培が規制され、後者はモルヒネを含まないもののテバインを含むために麻薬及び向精神薬取締法により麻薬原料植物として栽培が規制されている。
ところが、含有量は少ないものの、テバインを含んでおり、かつ規制されておあらず、普通に花屋やホームセンターで売られている植物がある。ケシ、ハカマオニゲシと同じケシ科ケシ属に属するオリエンタルポピー(Papaver orientale)である。含有量は時期により大きく異なるようだが、成熟期ではケシ坊主から取れる乳液には0.3%程度のテバインが含まれるようである。他にオリエンタルポピーにはイソテバイン(isothebaine)などが含まれる。

thebaine-b.gifmorphine-b.gif

Reference:
"OXY" Otto Snow,Thoth Press
スポンサーサイト
| 薬草 | 00:25 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする










管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://madpress.blog39.fc2.com/tb.php/30-f59aa25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

worldofnothing

Author:worldofnothing
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
理系ニュースブログ
理系ニュースサイト
植物成分・化学物質データベース
論文データベース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。