アングラサイエンス系ニュース、記事、論文の紹介

Mad_Press

本ブログはアングラサイエンスをテーマに、日本のマスコミではなかなか報じられない薬物関連を主とした最新の研究成果やニュース、その他geekな記事等を紹介しています。これは飽くまで読者の知的好奇心の充足や、公共の利益となる知識の共有を意図してのことであり、 断じて薬物製造、乱用を含む如何なる犯罪もこれを奨励するものではありません
本ブログから得られた知識により読者が如何なる被害を被ろうとも、当方は一切の責任を負いません。
大麻は車の死亡事故のリスクを約二倍にする | main | 電話盗聴器の脆弱性
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
コーヒーで短期記憶力アップ
"Coffee's effects revealed in brain scans" (NewScientist.com)

あまり目新しい話ではないが、コーヒーを飲むと短期記憶・集中力が(一時的に)向上するという話。

■実験内容
約5時間何も食べず、また最低24時間、カフェインもニコチンも摂らなかった15人に被験者に対して一杯の濃いコーヒー(カフェイン100mg程度含む)か、カフェインを含まない飲み物のどちらかを飲ませた。
約20分後、記憶・集中力テストを行い、その間の脳の活性状態をfMRIで観察した。
数日後、この時コーヒーを飲んだ被験者にはノンカフェインの飲み物を、ノンカフェインを飲み物を飲んだ被験者にはコーヒーを与えて同じ実験を行った。

記憶・集中力テストは、被験者に高速で現れるアルファベットの列を見せたあと、一瞬だけアルファベット一文字を見せ、この一文字がアルファベットの列の最後から二番目の文字と同じかどうかを判断してもらうというもの。

■実験結果
すべての被験者で短期記憶を司る部分の活性が見られたが、特にコーヒーを飲んだグループは前部帯状回と呼ばれる前頭葉前部で著しい活性が見られたという。前部帯状回は注意、集中、計画などの能力に関係している。

カフェインは、アデノシン受容体に拮抗的に作用することで覚醒効果をもたらすと言われている。この実験結果はカフェインの作用で説明がつくと思われるが、コーヒーの他の成分が大きな効果を持ってるとしたらおもしろい。
スポンサーサイト
| ドラッグ | 12:50 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする










管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://madpress.blog39.fc2.com/tb.php/20-b60d9ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

worldofnothing

Author:worldofnothing
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
理系ニュースブログ
理系ニュースサイト
植物成分・化学物質データベース
論文データベース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。