アングラサイエンス系ニュース、記事、論文の紹介

Mad_Press

本ブログはアングラサイエンスをテーマに、日本のマスコミではなかなか報じられない薬物関連を主とした最新の研究成果やニュース、その他geekな記事等を紹介しています。これは飽くまで読者の知的好奇心の充足や、公共の利益となる知識の共有を意図してのことであり、 断じて薬物製造、乱用を含む如何なる犯罪もこれを奨励するものではありません
本ブログから得られた知識により読者が如何なる被害を被ろうとも、当方は一切の責任を負いません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
大麻の害は大人よりも子供のマウスで大きい
若年者の飲酒、喫煙は多くの国で禁止されている。
これは、アルコール、タバコが身体に与える害が
成人の場合よりも若年者で大きいことが理由のひとつだ。
去年6月に報告された、豪シドニー大の研究者らによる研究によれば、
大麻についても同じことが言えそうだ。

豪シドニー大のクイン教授らのグループは大麻の主要薬理成分であるTHCが
子供のマウスと大人のマウスに与える影響の違いを調べるため、
子供のマウス(生後28日)と大人のマウス(生後60日)にTHCを繰り返し与えた。
10~15日の断薬期間後、大人のマウス、子供のマウス両方で社会的行動の
減少が見られたが、子供のマウスのみで物体認識における記憶力の低下が
見られた。マウスの脳を取り出し、海馬のプロテオーム解析を行ったところ、
THCを与えなかったマウスと比較して、大人のマウスでは10種のタンパク質でしか
発現量の違いが見られなかったのに対して、子供のマウスでは27種のタンパク質で
発現量の違いが見られたという。
この結果は、大人のマウスと比較して、子供のマウスではTHCの繰り返し摂取による
記憶力の低下や海馬の変異が大きいことを示唆している。

大麻はアルコールやタバコよりも依存性が弱く、身体に与える害が
少ないと言われており、一部で合法化を求める声があるが、合法化するとしても
アルコール、タバコのように年齢制限する必要があるかもしれない。

Reference:
"Adolescent Rats Find Repeated 9-THC Less Aversive Than Adult Rats but Display Greater
Residual Cognitive Deficits and Changes in Hippocampal Protein Expression Following Exposure
"
Neuropsychopharmacology (2008) 33, 1113–1126,published online 20 June 2007
スポンサーサイト
| ドラッグ | 23:38 | トラックバック:0コメント:8
MDMAがドーパミン産出細胞を増強
"Ecstasy as a brain booster for Parkinson's?"(newscientist.com)

MDMAは人体において、記憶に関わるセロトニン系神経細胞に損傷を与えるという報告があるが、このほど、ドーパミン系神経細胞に対しては増強する作用があるという報告がなされた。

シンシナティ大学のJack Liptonらは、妊娠したラットに対してMDMAを投与する実験を行った。
その結果、生まれた子供のドーパミン産出細胞の数は通常の3倍で、これらの細胞は通常より多く分岐、発達していたという。これはこの神経細胞がより良好に機能することを示す。
また、培養した未発達の神経細胞をMDMAにさらしたところ、生存する細胞の数が約3倍になったという。
Liptonは、細胞がストレスにさらされた時に起こるプログラムされた細胞死を、MDMAが防ぐと考えている。

将来、MDMAに類似した薬がパーキンソン病薬として、ドーパミン産出細胞の増強に用いられるようになるかもしれないとLipton話す。
| ドラッグ | 00:45 | トラックバック:0コメント:0
マリファナがアルツハイマー病の進行を抑える可能性
"Marijuana may slow progression of Alzheimer's disease"(EurekAleart!)


マリファナには強い抗炎症作用があり、多くの研究者は脳の炎症がアルツハイマー病の進行と関係があると考えている。

オハイオ州立大の研究者によると、マリファナの成分に類似した合成薬(WIN-55,212-2)を、アルツハイマー病の症状を示すように脳に炎症を起こさせたラットに投与したところ、記憶力の改善が見られたという。

今回用いた合成薬には抗炎症作用以外に、ハイにさせる作用もあるため、今後はその作用のない薬を探っていくという。


Reference
"WIN 55,212-2"(wikipedia)
| ドラッグ | 11:06 | トラックバック:0コメント:0
タバコ、コーヒーに含まれるMAOI - harman/norharman
メモ

■タバコ、コーヒー、その他焼肉等の加熱された食品中にはMAOIであるharman(MAO-A-Inhibitor)、norharman(MAO-B-Inhibitor)が含まれる。[1][2][3][4]
■MAO-A-Inhibitorはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、メラトニンの代謝を阻害、MAO-B-Inhibitorはドーパミン、フェニルエチルアミンの代謝を阻害し、これらのシナプス間隙での濃度を高める。

■喫煙者は非喫煙者と比較して、MAO-Aの活性は30%[1]、MAO-Bの活性は40%[2]程度低いとの報告がある。
■喫煙者や、コーヒーを日常的に飲んでいる人は、そうでない人と比較して、パーキンソン病の発症率が低いとの疫学的調査結果があり、これはタバコ、コーヒーに含まれるMAOIによるとの説がある。
(カフェインの効果によるという説もあり)

タバコ、食品中のharman、norharman含有量を以下に示す。
harman、norharmanはアミノ酸であるtryptophanの熱分解により生成される。そのため、調理法により含有量が異なってくる。

<タバコ、食品中のharman、norharman含有量>
           harman     norharman
タバコ(主流煙) 300-2000ng/本  1000-4000ng/本
網焼きハンガーバー 4ng/g       6ng/g
網焼きステーキ   5ng/g       7ng/g
鉄板焼きステーキ  4ng/g       10ng/g
直火焼き牛肉    200ng/g      800ng/g
直火焼きチキン   100ng/g      600ng/g
インスタントコーヒー20-100ng/ml   90-500ng/ml 

カフェインを錠剤で摂るより、コーヒーで摂る方が効きが強い気がしていたが、これはMAOIのせいかもしれない。

References
[1]Fowler et al. PNAS,93 (24): 14065. (1996)
[2]Fowler et al.,Nature 379, 733(1996)
[3]Y.Totsuka et al.,Cancer Letters ,143, 139(1999)
[4]T. Herraiz ,Food Additives & Contaminants,19,8(2002)
| ドラッグ | 00:33 | トラックバック:0コメント:0
幻覚系ドラッグ、ケタミンが鬱病に効果
幻覚系ドラッグとしても知られる、解離性麻酔薬のケタミンが、将来、鬱病の薬としてプロザックやパキシルと取って代わるかもしれない。

米国立精神衛生研究所(NIMH)の研究者により、従来の薬が効かない18人の鬱病患者に、少量のケタミンと偽薬を投与する実験が行われた。
その結果、ケタミンを投与された患者の71%に、投与後一日の内に症状の改善が見られ、その内21%は完全に症状が消えた。
また、ケタミンを投与された患者の35%は、投与の一週間後でも効果が持続した。

現在、鬱病治療薬として広く用いられているプロザックやパキシルは、効果が現れるのに数週間の継続的な投与を要する。これと比較して、ケタミンの一日という効果発現時間は非常に短い。
プロザック等の効果発現時間が長いのは、これらの薬が、鬱症状を抑える生体化学反応のプロセスの初期の段階に作用するためと考えられている。これに対して、ケタミンの効果発現時間が短いのは、そのプロセスの最終段階付近に作用するためと研究者は考えている。

ケタミンはグルタミン酸受容体の一種であるNMDA受容体をブロックする。今までの研究により、NMDA受容体をブロックする薬が動物のうつ状態を改善することが分かっている。
この実験結果は、グルタミン酸の異常調節が鬱病の原因の1つであることを示唆している。

ケタミンは鬱病の特効薬となるか?
ちなみに日本では、2007年よりケタミンは麻薬扱いとなる。

references:
"Plumbing the Depths Of Depression"(washingtonpost.com)
"Experimental Medication Kicks Depression in Hours Instead of Weeks"(NIMH Press Release)


(Via Boing Boing)
| ドラッグ | 03:14 | トラックバック:0コメント:1
| ホーム | 次ページ

プロフィール

worldofnothing

Author:worldofnothing
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
理系ニュースブログ
理系ニュースサイト
植物成分・化学物質データベース
論文データベース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。